FC2ブログ

15年ぶりの多摩川線改正【西武ダイヤ改正2019】

本日西武鉄道が2019年ダイヤ改正の内容を発表致しました。
今回の改正は特に使いにくいと感じるところもなく、
非常に良い改正なのではないかと思いました。
西武40101F
西武40101F posted by (C)seibuboy
では、色々考察してみましょう。
※あくまで個人で作成した考察記事になりますので、お気楽程度でご覧ください。




【池袋線関連】
・Laview運行開始。
001系による特急運用が遂に始まります。
今回より一部特急運用にて池袋~所沢の所要時間を20分から19分に短縮しており、
速達性の向上が行われております。
ただし、所沢駅で時間調整しているので、
池袋~入間市でみると、全く変わっていません。

・特急増発とドーム号時刻変更
池袋駅16:00発が増発されました。
現在のダイヤでは、00発のは急行飯能があるのですが、
準急か快速化しそうな感じが……。
また、ドーム号の時刻が変更されており、おそらく夕刻時間帯のダイヤ調整で
変更になったものと推測されます。

・Sトレイン増発
平日朝の8時台に豊洲行きが増発されました。
時間的に通勤以外でも使いやすく、中々良い列車だと思います。
また、今回の改正で平日夕方下りの保谷と所沢接続が改善されるとのこと。
現状接続が悪いのが、101号と109号なので、この2本が中心に変更されるのかな。

・夕方のSトレイン豊洲行き廃止。
納得
今回の発表で、廃止までの記念乗車が増えるかもね。
今後は回送による送り込みになるんでしょう。
もしくは各停か?

・土休日飯能7時台の準急増発。
準急増発に目をやられますが、
実は現在32分発の快速元町・中華街行きが26分発に変更になっています。
これにより、間隔が10分以上開くので、その穴埋め目的の増発とも捉えられます。
おそらく小手指始発7時54分発の準急を延ばしたものと思われます。

・土休日21:00~23:00の飯能行きの増発
小手指行きの一部を延長したものと考えられます。
よく分かりませんが、武蔵丘送り込みを営業運転に変えたのでしょうか?

・土休日の狭山線増発。
池袋線直通増発と、19時と20時台の間隔調整も行われています。
詳しいダイヤを見ないと分からないのですが、池袋線直通の増発列車が増えているので、
所沢始発の延長かと思いきや、意外とそうではないご様子。
小手指始発の一部をいじると西所沢~小手指が減便になりますので、
もしかしたら夕方のダイヤがかなり調整されている可能性があります。
しかし、乗ってみないと分からないのですが、狭山線の利用客多いのですかね?
20時以降の増発は遊園地と球場帰り需要にしては遅い気が……。
裏で23:30発の西所沢行き終電が27分発になり、3分早くなっています。

・土休日23時台の池袋発の間隔調整。
23時台の池袋発の優等列車の発車間隔がきれいな10分間隔になりました。
なお、裏で23:00発の特急を使わないと、次の飯能行きが15分の急行までなくなりました。
23:04発の快速飯能は23:00発の特急の直前に移動したのかな?

・平日及び土休日の日中ダイヤの見直し。
新宿線が見直しという単語で結構減らされてきたので、もしかしたら池袋線も便減の可能性があるかも……。
急行とFライナーの石神井公園接続は、大泉学園と保谷よりも練馬高野台~中村橋ユーザーのほうが嬉しいかも。
現状の各停が先着するダイヤも何とかなるのだろうか……。
現状ダイヤで石神井公園接続を作るには、結構いじる必要が出てくるので、
減便はないにしろ、かなりの変更が来ると予想されます。

【新宿線関連】
・土休日特急列車の増発
22時台に特急が一本増発されました。上りもその関係で21時台に増発。
特急の増発は毎回行っているので、別に驚きはしません。
ただし、特急前後の急行を準急にするとかはやめてくれよ。

・拝島ライナーの17時台増発
特急増発よりも一番憎むべき存在がこれ。
小平~拝島が各停という関係上、おそらくほかの列車にしわ寄せがきます。
特に15分前後の拝島行き急行は準急格下げか、新所沢行きに代わる可能性大。
個人的には、平日17:17の連続で来る急行と準急体制だけは出来ればいじってほしくない。

・新宿線と国分寺線の直通休止。
今後増えるだろうと思っていた国分寺線との直通が、高架化工事の関係で休止になりました。
休止ということなので、今後復活はするのでしょうが、国分寺線利用客は少し不便になります。
ダイヤとしては、現状の新所沢行きを本川越行きに変えるだけかと思われます。
しばらくは所沢~新所沢は減便になるのだろうか。(特に夕方)

・土休日の8両優等の10両化。
一番うれしい改正内容です。
夕方普通に走っていた8両優等がなくなると考えると、かなり大きい変更点だと思われます。
改正内容だと一部上りと書いてありますけど、下りも全部10両化したってことでいいんだよね?

・土休日拝島線からの西武新宿行き接続の向上。(終電繰り下げ)
拝島線からの上り終電が小平で西武新宿行きに接続するようになりました。
今の小平西武新宿行き終電は23:47発で、拝島線上り終電小平到着は23:51分。
つまり、西武新宿行き終電を小平駅で4分待たせるのかな?
※よく休日に本川越からこの終電を使う身としては、
これ以上接続を長くするのは止めてくれ……。

・平日と土休日の夕夜間のダイヤ見直し。
見直し=減便というイメージが強いですが、内容は準急の急行化などで、
逆に改良になっている感じがします。
特急やライナー直前の準急を急行にするなら結構大幅な改良な気がするのですが……。
(たぶん、このブログのコメントでも多かったのですが、苦情があったんだろうなぁ。)
また、中井で2本の通過待ちの各停本数を一部削減とのこと。
各停の本数をまた減らすのかと思いましたが、新井薬師前~都立家政の速達性向上と書いてあるので、
通過待ちを中井と沼袋の二つに分けるといった形になるという意味なのでしょうか?
もしくは中井で準急or急行の一本だけ退避。特急やライナーは鷺ノ宮で退避。
さらには、鷺ノ宮まで一回も抜かれずに逃げるのでしょうか?
(上りの3本通過待ちのほうも何とかしてほしいところです。)
詳細は、今後の時刻表発表を待つことになりそうです。

・通勤ラッシュ時のダイヤ見直し。
平日朝の運転時間や停車時間の見直しが行われるとのこと。
最近のダイヤがほぼ毎日遅延していたので、定時通りになるのは嬉しいですね。

・多摩湖線夕夜増発。
萩山~西武遊園地間が結構増発されたのかな。
拝島ライナーからの乗り継ぎも考慮しているのかと思われます。

・多摩川線始発終電の繰り上げ繰り下げ。
今回の隠れた目玉である多摩湖線のダイヤ改正。
前回の改正が2004年であったため、15年ぶりの改正となります。
始発繰り上げと終電繰り下げによってどちらも便利になり、
都心にいられる時間が10分長くなります。
新宿駅に6:00前に行けるのはかなり大きいです。
※ブログ主もほぼ毎日乗っていますが、各停東京行きに乗れるのは結構大きく。
速達性はないものの、新宿~お茶の水の各停停車駅を利用できるのは便利です。

以上が今回のダイヤ改正になります。
見た感じでは特に改悪といえる点がなく、使いやすいダイヤになったかと思われます。
おそらく裏もあるのでしょうが、それは詳しい時刻表が出てから考察したいと思います。




2019年3月16日(土) ダイヤ改正を実施します
関連記事

コメント

改善されましたな
夕夜間の下りは急行が増えたことで便利になりました。昨年は準急に当たる確率が高く、疲れが倍増していました。やはり苦情が出ていたことでしょう。乗降客数を見ると田無から先はかなり多いわけですから、準急は不評だったのは当たり前。上石神井を除くと、久米川ですら鷺ノ宮並みの利用者数であるのが実体ですから、昨年のダイヤが謎です。判断ミスとも言えます。来年以降また戻したりはしないでほしいですね。

https://www.seiburailway.jp/railway/eigyo/transfer/2017joukou.pdf

管理者のみに表示

トラックバック