FC2ブログ

秋津4号踏切に行く【順光と逆光を教えてくれる場所】

前回から始めた撮影メイン記事の2弾です。

今回は、西武池袋線で1.2を争うであろう有名撮影地。
秋津4号踏切に行きました。
秋津4号踏切
秋津4号踏切 posted by (C)seibuboy




秋津4号踏切は、所沢駅から徒歩10分ほどでたどり着けます。
秋津~所沢駅間の大カーブで列車が大きく曲がるため、
編成全体が撮りやすく、上りと下りどちらも撮影できるため、
絶好の人気スポットとなっています。
秋津4号踏切
秋津4号踏切 posted by (C)seibuboy
こちらの踏切は前回の武蔵関3号踏切とは違い、車も通るので注意が必要です。

西武6151F
西武6151F posted by (C)seibuboy
早速やってきた西武6151F。
今回の撮影では、前回露出時間を意識できていなかったので、
1/640~1000の間で色々と撮影してみました。
しかし、そっちを意識しすぎるあまり、シャッターを切るタイミングがずれてちょっと失敗。

西武20104F
西武20104F posted by (C)seibuboy
新宿線でも見れるLトレ仕様の20000系。
色が青一色のため、暗く見えてしまうのは私だけなのだろうか……。
一枚目の6000系に比べたら、構図が中々うまくいったように見えないだろうか。
余談であるが、RAWデータも別途で保存しているため、
このブログでは未編集で投稿しているが、後々編集するつもりである。

西武38109F
西武38109F posted by (C)seibuboy
秋津4号踏切の良いところは、上り列車も撮影がしやすいところである。
次の下りが来るまでは上りを撮影ということが可能なのである。
しかし、上記画像を見て頂くと分かると思うが、下り列車の写真と比べると暗いことが分かる。
これは太陽の光が逆光しているためであり、本来であればフラッシュで対応をしたいところであるが、
走行列車に向けてのフラッシュは厳禁であるため、
ブログ主は後で編集するつもりで、特に気にしない事にしている。

西武2075F
西武2075F posted by (C)seibuboy
こちらは西武2075F。
過去に暗殺教室ラッピングをしていた編成である。
本当はこの後に西武10000系や東急車なども撮影しているのであるが、
後々何かで使用するため、ここでの紹介は省かせてもらいます。

ここでの撮影は、逆光と順光の影響を受けた写真を撮れるため、
撮影練習には中々良いと感じました。
本当はこの前に西武池袋線で有名な別の撮影スポットに行ったのですが、
それはまた別の記事で紹介致します。

しかし、鉄道写真を掲載するだけで、
鉄道ブログって感じがしますね。(コンセプトは変えないけど)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック