FC2ブログ

ニコニコスマイル30000系

西武30000系1
西武の最新車両スマイル爆弾ドア30000系。
2008年4月26日により営業運転を開始しました。
30000系の簡単な紹介でも。
細かい機器の説明とかはしません。


西武30000系といえば、2008年から登場した西武で最新の車両です。
この列車を見ておそらく「なんじゃこりゃ。」と思った人も多いでしょう。
理由は西武は黄色いというイメージが6000系が出てから変わり、20000系と続き、今回の車両も青いと思いきや白くなったのもありますし、
普通の列車と違い、丸みを帯びた形となったのも原因でしょう。
これは設計に女性社員の意見が多く関わっており、
基本コンセプトは「人にやさしく、みんなの笑顔をつくりだす車両」となっています。
そのためSmaileTrainと愛称がついています。
前頭部は「生まれたてのたまごのようにやさしく、やわらかなふくらみ」をイメージされており、
車内もたまごがイメージされています。
車内の写真や解説はこちらを→30000系の小鳥。

西武30000系2
車両の色は西武のグラデーションカラーでもあり、
グリーン  (自然との調和)
ブルー   (信頼・安心・安全)
スカイブルー(新しい事への挑戦)
と、それぞれの意味をもっています。
スマイルビジョン
この30000系から今の一部の6000系についているスマイルビジョンも初登場します。
準急玉川上水
行先も20000系とは異なり、フルカラーLEDとなりました。

こんな最新の車両も一回事故をやっています。
出来てすぐに38101Fが高田馬場で車両故障を起こし、
中井駅まで押してもらうということがありました。
そのため事故発生当時は20000系が押したという伝説を作った。

30000系は
8両編成12本(96両)、6両編成3本(18両)、2両編成3本(6両)の計120両
を製造予定とされていました。
現在は8両編成14本(112両)、2両編成6本(12両)の計124両
といまだに6両編成は作られていませんが、124両と予定よりは多くなりました。
6両が作られたら、国分寺線で走るのでしょうか?
↓2両編成はもちろん単独ではなく8両と連結し、10両編成として走ります。
西武30000系4

↓ちなみに車番は1000の位が30000系は編成両数となっています。
西武30000系3

東急沿線から遊びに来た人は西武30000系に乗ってみてはいかが?
地上専用車なので地下にはいきませんが…
主な活動場所は新宿線、拝島線、池袋線、狭山線、豊島園線、多摩湖線、秩父線となっています。
※現在西武秩父線は臨時のみ。多摩湖線は西武遊園地~萩山のみ。
爆弾ドアは必見です。

西武公式の紹介はこちら→30000系の紹介ページ
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック