FC2ブログ

本川越駅で西武の前面模型を撮る。

4月も終わりになろうとしており、西武線の新しいダイヤにも皆さん慣れた頃でしょうか?
新しいダイヤの評判とかについては、後日別途で記事に出来たらいいなと思っています。

さて、今回は久々の現地撮影記事です。
本川越駅にひっそりと存在し、5月9日までの西武鉄道の撮影スポットを皆さんはご存知でしょうか?

本川越駅 64


場所は本川越駅構内にあり、2階の改札です。
ただし、この2階改札は9時から21時までしか使用できないので注意

本川越駅 撮影スポット1
2階に上がると、画像の通り、2分の1サイズの電車の前面模型があります。

351系 模型
351系 模型2
手前から351系です。
驚きなのは、裏側には運転台がしっかりと作られていること。
適当ではないところに、この模型を用意した人の執念を感じさせられます。
行き先も多摩湖線時代の西武遊園地となっており、準急幕も用意したくなりますね。
準急西武遊園地という、謎行先種別。←過去の関連記事

101系 模型 2
101系 模型
お次は101系。
行き先は快速急行西武秩父で、奥武蔵ヘッドマーク付き。
この撮影場所、子供向けらしいんですが、どうみてもコアなファン向けでしょ。

新101系 模型
新101系 模型2
次は新101系。
601系と連結されていたので、しっかりと真正面からは見れず……。
ちなみに運転台の受話器やスイッチなどは固定されているため動きません。

601系 模型2
601系 模型
お次は601系。
351系と見た目は似ていますが、違います。
運転台が出来ていないため、新101系に牽引されている設定です。

2000系 模型2
2000系 模型
最後は2000系ラッピング仕様。
運転席の雰囲気はとても出ており、どうやら前面扉も開くみたい。
ぶっちゃけ、誰がここまで似せろといったんだ。

本川越駅 撮影スポット2
壁面には懐かしの画像が。
余談ですが、ブログ主のカメラもそろそろヤバイ。

ちなみにこのモックアップ。
オリジナルのヘッドマークを取り付けて撮影も可能です。
5月6日までなので、興味を持った方はGWに本川越駅へぜひ行ってみてください。


本川越駅開業123周年記念 「本川越駅にフォトスポット開設!!」&「集まれ!未来のデザイナー!! 君のデザインがモックのヘッドマークに!」
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック