FC2ブログ

LED方向幕の再現方法②

急行本川越 再現 網掛け
今回作成するのは、上記画像のタイプの方向幕となります。

こちらの幕の記事をご覧いただく前に、先に下記の記事をご覧ください。
LED方向幕の再現方法①


今回の方向幕は①で紹介した、
電光掲示板メーカー2を使用しない方法です。
何か完成品が微妙。アプリが起動しない人はこちらの方法をお勧めします。



~用意するもの~
急行本川越 再現幕 原本
LED方向幕の再現方法①
上記で作成した電光掲示板メーカー加工前の幕が必要となります。
こちらの作成方法は上記のリンク先をご覧ください。

ペイント
前回使用したペイントアプリです。
今回はこれだけで作成していきます。

※今回紹介する作成方法は、ブログ主が使うやり方で紹介します。
また、画像をクリックすると拡大します。


ペイントアプリ5
作成した幕をペイントアプリで開き、サイズを変更します。


ペイントアプリ7
パーセント部分を、縦と横どちらも300の数値に変更してください。
成功した場合、画像が拡大されて表示されるはずです。

ペイントアプリ6
3倍にすればいいだけなので、他にも上記画像通り、
ピクセルの数値を3倍にしてもおkです。
今回は西武の幕のため、433×96にします。


③下記の様なドット幕を用意します。
433×32 西武用 大好き西武鉄道
準備するのが面倒な人は、上記画像を保存して使用してください。
※西武幕用ですので、それ以外の再現幕に使いたい人は、
各自でサイズ調整が必要になります。



ペイントアプリ8
ドット幕をペイントで開き、全体をコピーします。


ペイントアプリ9
先ほど拡大した幕に張り付けます。


ペイントアプリ11
画像を張り付けた際に、上記画像のように再現幕が消えてしまった場合は、
赤丸の中の透明の選択にチェックを入れてください。


ペイントアプリ10
上手くいけば、上記画像のようになります。
ずれていたり、ちょっと変に感じたら手直しをしましょう。


急行本川越 再現 網掛け
画像を保存すれば完成です。


こちらのやり方はペイントだけで作成できますが、PCが苦手な人にはあまりお勧めしません。
電子掲示板メーカーを使用した方法と、今回紹介した方法が、
幕を再現する際の、有名な2種類の方法となります。

他の方向幕を取り扱うブログでも、上記の作成方法が載っていますので、
よく分からない場合や、色なども気にしたい方はそちらを見るのもありかも。
こんな感じで作るという事だけ
知っていただければいいと思います。



関連記事

コメント

No title
参考になりました

管理者のみに表示

トラックバック