FC2ブログ

LED方向幕の再現方法①

西武40000系側面幕再現
よく、ネットには列車の方向幕を再現する人がいます。

方向幕を再現して何の意味があるんだ!

とか言ってしまうと、怒られるので追及はしませんが、
実際に作ってみると、結構楽しいです。
今回はLED方向幕の再現の仕方を紹介します。
※有名な作り方の紹介ですので、
過去に作ったことのある人は、戻るをお勧めします。



急行 本川越 幕2
各停 西所沢

さて、大体の電車は、上記の二つのパターンとなります。
再現の難易度では、幕式タイプの方がフォントやロゴの作成も絡むので面倒です。
下のLED幕だと、ドットで形成されているため、簡単に再現が出来ます。

~準備するもの~
急行 本川越 幕
・LED方向幕の写真
準備できない人は、ネットで探せば沢山出てくるので(ry

ペイントアプリ
・ペイント
今回はウインドウズ10のバージョン1709を使用。
PCがない人や、ペイントって何?って人は、各自で調べて準備してきてください。

画像はクリックで拡大します。

①ペイントアプリで作成する。

ペイントアプリ2
ファイル→プロパティでこの画像を開き、サイズを調整します。
今回は西武30000系の幕を再現するため、144×32で作成します。
サイズ調整後、拡大鏡で最大まで拡大してください。
ペイントアプリ3
拡大したら表示を開き、上記赤丸内のグリッド線を入れてください。
入れなくてもいいですが、あった方が作成が楽になります。
ペイントアプリ4
後は、写真通りに一つ一つ打ち込み開始。
配色は、似ている感じなら何でもいいかと。
目が確実に疲れるので、適度な休憩は大切ですよ。

作成が終わったら、名前を付けてどこかに保存して下さい。


②電光掲示板メーカー2の導入
次に、電子掲示板メーカー2をDLします。
電光掲示板メーカー2
上記サイトなどで、入手してください。

DLする際は、自己責任でお願いします。

LEDMaker252 1
DL後、アプリを開いて画像を開くを押し、先ほどの幕を読み込みます。
※アプリが開かない、動作しない場合は、各自で対処法を調べてください。

LEDMaker252 2
読み込んだら、次に電球の隙間を「1」にしてください。
その後、『変換』ボタンをクリック。

LEDMaker252 3
そうすると、画像が変換されます。
後は、左のバーを動かして、お好みな明るさにしてください。
保存方法は、
ファイル→生成画像の保存
をクリックして行います。
急行 本川越 再現幕
これで完成です。お疲れさまでした。


ちなみに、電光掲示板メーカー2を使用せずに作る方法も存在します。


急行本川越 再現 網掛け
上記画像が電光掲示板メーカー2を使用せず、別の方法で作ったものです。
LED幕を再現する人の中には、電光掲示板メーカー2は邪道だと思っている人もおり、
こちらの幕の方を推奨している方もいます。
こっちの作り方は→LED方向幕の再現方法②
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック