FC2ブログ

Cゲージに手を出してみた。

山手線1111

鉄オタなら一度は手を出したい鉄道模型。
しかし実際は、
・高い
・場所がない
この2点がネックでもあり、中々手が出せず、
ブログ主も金はあっても場所はないため手を出せません。
(実際は金もないが……。)

そしたら、街で偶然Cゲージを見つけたので、
さっそく紹介したいと思います。





cゲージ1
ドン!
こいつがちまたで噂のCゲージ。
最初に言っておくけど、撮影センスないのでそこはご勘弁を。
背景がそこら辺にあった白紙の時点で察して。

cゲージ2
車両は誰が見ても分かる山手線のE231系。
最近はE235系が出現し、中央総武各駅停車に移籍中。
側面はこんな感じ。
先に言っておきますが、モーターはないので、電気で動きません。

cゲージ9
ちなみに、屋根パーツのクーラーは結構こだわって造られており、
パンタ付き屋根となし屋根の二つがあります。

cゲージ3
反対はしっかりと赤色灯モード。

cゲージ4
底の部分には鉄球が。
これがレールの上で転がり、押して動かすことが出来ます。

cゲージ6
Cゲージでも連結は可能となっており、
屋根を外して接続パーツをくっつける事で連結します。
やろうと思えば11両編成可能ですし、100両だってくっつけられます。

cゲージ5
これがCゲージ専用のレール。
値段が値段なので、この作りなのは妥当です。
まだ直進レールしかないので、カーブが出来ないのが残念。

cゲージ7
曲線レールがないのでレールの上ではありませんが、
一応それっぽく撮影を。結構雰囲気は出ますね。(笑)

cゲージ8
最後に一円と比較。

最後に、これはお店でパッケージして売られてなく、
ガチャの商品です。
一回300円で、全6種類。
1セットに先端部車両×1と中間車両×1とレール2本が入っているため、
11両編成を組むには9セット手に入れるため、2700円かかります。
ガチャなので簡単に揃いませんが……。

このシリーズからはほかにも205系と103系の山手線がリリースされており、
値段もそこまで高くないので、ちょっと次作に期待しちゃおうかなと思ったついこの頃でした。
個人的には、ゴジラの模型と組み合わせるのが一番お勧めかも。

おまけ
丸の内線 立体路線図
最近ガチャから出ていた立体路線図。
試しに買ってみたんですが、これだけ見るとただの血管にしか見えない……。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック