なぜ記念切符を買ってしまうのか。

お盆も終わり、学生以外は連休が終了。
18キッパーには仕事も始まり、ちょっとキツイ時期になりました。
ブログ主も長期休みがしばらくないため、鉄道むすめスタンプラリーをどこまでで妥協するか考え中です。

伊豆箱根鉄道とシーサイドライン記念乗車券に鉄道むすめの川越いぶきが関わっているとかいう衝撃すぎたようで特に衝撃でもない事実。
さて、前回の記事では記念切符の紹介記事を書いたのですが、ブログ主は重大な事に気づいてしまったのです。

なぜ俺はこの記念切符を買ったのだろうかという事に……。
そもそも、記念切符って何かメリットあるんですかね?

記念切符たち2

買わなければいいじゃんは禁句ワードです。


記念切符とは、鉄道会社が何かしらの記念で出す切符のことで、
西武鉄道もよくアニメの記念切符を出していますし、
最近では40000系デビュー記念切符とか買った人もいるのでは。
鉄道むすめ記念切符1

西武鉄道の記念切符は、コレクション目的で買っているのですが、
やっぱり、西武鉄道以外の切符はなぜ買ってしまうのか……。何ですよね。
私の切符も、基本は家の引き出しの中でおねんね中。


・記念切符は基本的に、高い。
記念切符は大体分かると思うのですが、高いです。
大きい台紙に小さい切符が2枚から5枚とかついています。
もちろん、切符は普通に使用する事が出来るので、運賃として計算すれば、妥当な金額になります。
ただ、記念切符を使う人なんているのだろうか……。

・記念切符は、ほとんど高く売れない

記念切符ですが、買取店などでの買い取り価格は、それほど高くありません。
確かに、100~1000円とかは高く買い取ることはありますが、1万以上の得はまずありえないです。
記念切符で儲けるなら、発売してすぐにオークションで売るのが一番です。
ただ、そのような行為は転売ですので、出来れば辞めて頂きたいのが本音ですが。

・そもそもそこまでレアではない。
記念切符は大体何部限定と決まっていることが多く、
100部から多くて10000部とかが普通でしょう。
人気のある切符はすぐに売り切れますが、人気のない切符は1000部限定でも、
一年は売れ残っていることも珍しくありません。
記念切符たち

最近では西武鉄道100周年記念切符でしょうか。
一冊3000円くらいして、10000部限定で、高価そうな台紙までついているので、
ブログ主はすぐ売り切れると思い、朝早く駅で購入しました。

が、
意外と売れ残り、駅によってはフリー切符としてお得と、記念乗車券ではなく、
お得な切符として紹介している始末。(一日乗車券の6枚セットだった。大人3枚子供3枚)
ブログ主も、もう一部買って、フリー切符として使った記憶があります。

実はブログ主、いずっぱこでもう一つ記念切符を買っていました。
ラブライブ記念切符
2000円くらいしたのかな?
何となく現場で売っているのを見て購入。
ブログ主はラブライブファンではないですが、
もういずっぱこまでしばらく来ることはないだろうというつもりで、買ってしまいました。

思ったのですが、自分はどうやら記念だからという事で買う癖があるみたいで、
手に入れる事で満足感が出てくるみたいです。

誰かこの感覚分かる人いませんかね?

まあ、お金が足りないとかそういう事が無い限りは、
しばらく記念だからと言って、まだまだ買っちゃいそうです。笑
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック