FC2ブログ

ホームドアと2ドアの扱いの疑問。

西武鉄道がホームドアを主要な6駅で整備すると発表しました。

かつては3ドアと4ドアが混在していたため、
中々ホームドアの設置は難しかったですが、
今では4ドアに統一されているので……。

西武4000系
4000系くん「いや~、3ドアが消えて、4ドアに統一されて良かった~!」

あれ?




現在西武線には、4ドア、3ドア、2ドアが混在しています。
とはいっても、3ドアの新101系は多摩川線と多摩湖線と西武園線の中に、
ほぼ隔離されている状態なので、問題はないでしょう。

問題は、池袋線にまで乗り入れている
コイツ↓
西武4000系
4000系くん「やあ。」

いや、正確には4000系と10000系の2ドアです。
現状の池袋駅のホームドアは、2ドアは確か扱い不可能だった感じがします。

では、このまま2ドアを混在したまま、ホームドア設置は可能なのでしょうか?

まず、池袋駅のホームドアは、1番ホームと7番ホームには、
2017年度中には設置する予定はまだないらしいので、このまま設置しないなら大丈夫でしょう。
最悪、特急ホームや7番ホームだけ設置しなければ、
2ドアをそこに押し込めばいいだけなので、大丈夫です。

練馬は?
現状通りなら、通過するから問題なし。

じゃあ、所沢駅のホームドアは?

現状ではどこのホームに設置かは分かりませんが、
まあ、池袋線でいえば、3番線と5番線に設置するのが妥当でしょう。
4番線には作らないで、上り下りの2ドア車は全部ここに押し込む。
といったやり方が可能です。
新宿線の特急も、やろうと思えば可能だ‼(適当)

では、西武新宿、高田馬場にはどうでしょうか。
4000系は来ませんが、10000系は来ますので、こっちも厄介です。

2ドアの特急のために、西武新宿は2番線だけ設置しないとしても、
高田馬場はどうなるかが疑問です。
さすがに4番線だけ設置とはありえないし……。

国分寺ですが、まず4000系と10000系は来ないからここは大丈夫。
多摩湖線のホームドアが、3ドアだけ対応するか、4ドアも対応可能にするかは疑問ですが。

ホームドアを設置するのにドア位置が邪魔ならば、車両自体を変えていく方法もあります。
例:山手線の6ドア撤廃など。

10000系に限っては、
2018年度に予定している新型特急と置き換えする可能性があります。
一応、新型特急は地下鉄直通もするとか噂もあるため、
本当なら、ホームドア対応も可能かとは思われます。
実際、10000系の老朽化は進んでますので、可能性はあります。

で、あとは4000系。
最近は、休日下りの快速急行が急行に格下げしたり、
S-trainに休日の秩父へのアクセスが奪われている感じもします。
秩父鉄道とどういった契約を交わして直通をしているのかは知りませんが、
4000系の池袋駅乗り入れも、もしかしたら飯能まで短縮するのではないかという考えも、
無いとは言えません。
もしくは、新型特急みたいに新しい車両が出来て、
それと置き換えする可能性も無いとは言えません。


最後に、
ホームドア対応のために、車両を変えるのではなくて、
ホームドア自身を、複数ドアに対応しているものにする方法もあります。

それが、かつて新所沢駅に設置してあった、
戸袋移動型ホーム柵 どこでも柵。
2ドア対応かは分かりませんが……。

もしくは、JR拝島駅にある、
昇降式ホーム柵を設置することです。
この二つは、色々なドア位置に対応できるので、不可能ではありません。
昇降式ホームドアの様子(youtube)
また、西武のホームドアのリリースには、どんなホームドアを設置するかまでは記載されていませんので、
上記みたいなタイプのホームドアを考えている可能性もないとは言えません。

このホームドアのドア位置の問題は、西武だけでなく、複数の鉄道会社でも言える事なので、
今後どうやって色々な会社が動いていくのかも、気になる所ですね。



情報元
3 月4日(土)より 池袋駅3番ホームにおいてホームドアの使用を開始します。
西武鉄道の主要な6駅にホームドアを整備します。
どちらもpdfファイルです。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック