FC2ブログ

18切符初心者のための東京~大阪③

乗り換えを含め、主要駅での注意点を書いていきます。
今回は熱海~豊橋編です。

18切符の経路で悩むのがどこで乗り換えるのかです。

名前は同じ東海道線でも、東京~大阪を乗り換えなしは不可能です。

今回は主要な駅の、乗り換えや注意点について解説します。

①熱海駅
JR東日本とJR東海の境界となります。
この駅までは東京から乗り換えなしで来ることが出来ます。
この時点でキツイと思ったら、
ここで温泉に行き終了するか、新幹線に乗ることをお勧めします。
理由としては、ここから先は普通列車しかなく、
18切符のシーズンは座れない確率も高いので、
体力を多く持っていかれるからです。

どうせなら静岡まで乗り換えなしで行きたいところですが、
沼津駅までしか乗り入れていません。
ただ、沼津行きの多くは三島駅か沼津駅で始発の浜松行きに乗り換えられるので、
あえて狙うのも可能かもしれません。

また、一番の注意点は15両(10両)編成から3両編成と一気に短くなるので、
なるべく真ん中の車両に乗ることをお勧めします。
端の車両だと乗り換えがかなり大変です。

②興津駅(清水駅)
東海道線の面倒なところは、どこから始発が出るのかが分かりにくい所です。
始発がある駅は、熱海・三島・沼津・興津・静岡・菊川・掛川です。
どこで乗り換えるかを考えるのは、一番考えるので難しい点ともいえます。

その中では、興津駅始発の浜松行を狙うのが一番お勧めです。
恐らく18切符で朝に東京を出ると、大体熱海から出ているのは、
島田or静岡行きとなっており、ここで乗り換えが多くなる事。
また、座りやすいという点があります。
この駅に来るころには大体昼近くになっているので、
休憩にも最適です。ただ、興津駅は駅周辺にあまりないので、
次の清水駅で休憩するのがお勧めです。
清水駅で10分前にホームで興津始発の浜松行に乗れば、
座ることはほぼ確実です。

③静岡駅
静岡駅は休憩や観光目的以外で降りることはあまりお勧めしません。
理由としては、浜松行に乗る時に、座るのが難しいという点です。
始発もありますが、あまり本数がなく、狙わなければ難しいともいえます。

そもそも、みんな静岡で休憩しようという発想を多く持っているため、
降りるのも乗るのも大変苦労するので、その点では注意が必要です。


④浜松駅
18切符の旅では、
対面ホームの豊橋行きに乗り換える行程が多いかと思います。
この駅からは始発も多いため、休憩するのはかなりお勧めです。
ここから豊橋までは30分ですので、あえて休憩しないのも手かもしれません。

⑤豊橋駅
ここまで来ると、かなり楽になります。
対面ホームに止まっている新快速or特別快速or快速に乗りましょう。
この3つの種別は、対してそこまで停車駅が変わりません。
今まで各駅に停車していたのが、かなり通過して飛ばします。
新快速の速さを味わって下さい。

ちなみに、ここからボックス席の車両になります。
椅子は回すのではなく、押す感じで向きを変えることが出来ます。


次回、豊橋~大阪編



文章や構成の訂正箇所が多いので、しばらくコメント機能を封印します。
また、写真などを貼って、この記事はもう少し見やすくする予定です。
関連記事

トラックバック