FC2ブログ

鉄道研究会を過去に作った話2

今回は前回の続きです。
一回目はこちらをどうぞ↓
鉄道研究会を過去に作った話1

学校の廊下

さて、前回ので色々とやり過ぎた鉄道研究会は、
文化祭終了を持って消滅しました。


ちなみに、部活として認めるには顧問がいるのだが、
結局見つからず文化祭の出店だけで終了しました。
文化祭で協力した先生は、「作ってどうする」と、否定的で無理でした(笑)
※ちなみに先生も鉄オタです。



さて、高校3年生になり、大学受験も近づく中、
文化祭がまたもや近づいてきました。

ここでまた出てくるのが、
また今年もやるかどうかでした。

そう、ここで去年とは違う問題が2つありました。

1つ目の問題
今年は昨年と違い、私を誘った一人が諸事情で不参加となり、
4人から3人と減っていました。

2つ目の問題
私は部活の部長。別のクラスの人は委員会活動の委員長でした。
ちなみに、私はその委員会の書記も担当でした。

部活の出し物、委員会の出し物も文化祭でするため、
部長・委員長と言った中心人物が他の仕事をしながら、鉄道研究会をできるかでした。


まっ、結局やりました(笑)

3人の中で、
一人は部長でも委員長でもなかったので、彼を代表にしてやることになりました。
まあ、その子も副部長だったんだけどね(笑)
顧問は前回同様同じ先生で、
我々3人は「屑鉄トリオ」と呼ばれ企画がスタートしました。

今回は前回やらなかった研究発表を実施し、
展示物も、各鉄道会社の研究発表レポートや、実際の鉄道部品展示。
オリジナル携帯時刻表の配布など、様々でした。
研究発表の内容は、
福知山線事故の事や、西武鉄道について、鉄道ダイヤについて、アニメ聖地巡礼記録などでした。
これもいつかはこのブログで公開したいなあ……
自作方向幕

↑ちなみにその時に私が作ったのが、この手作り方向幕でした。

また、前面展望のビデオを流したり、図書室から本をたくさん借りるなど、
来場者の飽きない工夫をたくさんしたのを覚えています。

来場者の中には小さい子供もたくさん来てくれて、
中には、「この高校の鉄道研究会に入りたい」という人もいました。

部長や委員長の仕事との兼ね合いもあり、
中々大変でしたが、楽しかったのを覚えています。

結局、鉄道研究会は自分たちが3年生なのもあり、作られませんでした。
なんやかんやで、またやりたいなあと思いましたね。


ちなみに、なんで今回こんな雑記をしたかというと、
高校を卒業した次の年に、
鉄道研究会が新1年生の手により、出来ていたのを知ったからです。

内容も、都電の貸し切りなど、豪華な事をしており、衝撃でいっぱいでした(笑)
ちなみに、彼らに直接我々「屑鉄トリオ」を知っているか、文化祭で聞いたところ、
「ああ、噂で聞きました。」
と、伝説の人になっていました。




※高校名は出したらバレルので、内緒でお願いします。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック